haguNAVI
馬の求人・馬業界就職ジャーナル www.uma-journal.jp

HOKUSEI SPRING CUP

えーーーー残念ながら4月29日は朝から雨模様でした。
前日から、天気予報を眺めてはため息をつき、悩みに悩んだ結果、雨天決行!!と相成りました。(ということで、ビデオと写真撮ってないので画像がありましぇん)

 

この日のために皆さん予定を空けてくださって、練習してきたのですからね。
一応、皆さんに振り替えるならいつがいいですか?とアンケートを取りましたがまとまらず…当たり前か。

やはり、今日やるしかない!!
普段の競技会だって雨天決行ぢゃないか!(笑)

 

ということで、皆さんには着替えとタオルを持参いただき、こちらでもタオルを用意して。

今回の試合のテーマは『きれいに乗る』でした。

なぜ、このテーマにしたかというと前回、勢いで走られて勝ってしまったり、タイムを縮めたいあまり自分勝手な誘導になってしまっている場面がたくさん見られたから。
きちんと丁寧に、馬との息を合わせて乗った人のほうが成績が結果がよくないというのはなんだか納得できず…。

 

今回の小障害Cはハンタークラス(?)、ハンターシート(?)呼び方はよくわかりませんが北勢オリジナルルールで採点式にしました。

採点内容は各障害の踏切の良し悪し、全体のリズム、スピード、バランス、流などを総合的に採点するというもの。

審判は大変だったと思いますが…(笑)

競技終了後、参加者全員に採点表を手渡し、それぞれの課題と良かったところ、悪かったところをコメントをもらっていました。

 

あと、初の試みTRECという種目をおこないました。

実際あるTRECをクラブで行うことは難しいというか、不可能。

なので、その中の項目でできそうなものをピックアップしてまたしても北勢オリジナルルールで行いました。

引き馬で入場するところから始まり、サークルの中で制限時間内に騎乗したり、直線通路や、スラローム、S字クランクを通過したりしました。

どれもタイムは競わず、出来を採点するというもの。

ルールとか内容、採点方法はヨウコサン考案です(笑)

選手も、審判もやるまで????がいっぱいだったと思いますが、デモ走行で皆さんに理解いただけたのではないかと…。

スピードもスリルもないのに思った以上の盛り上がり!!

 

この種目は独りよがりな誘導では絶対うまくいきません。

馬の気持ちや事情(笑)を思いやって、パートナーである馬と協力し合えたチームが得点が高かったですね。

レッスン馬と自馬が遜色なく戦えたのはすごく良かったと思います。

 

この種目はとっても好評だったので、次回はもっと内容をグレードアップしたものを考えたいと思います。

 

さてさて雨が降る中、たくさんの方にご参加いただき本当にありがとうございました。

始める前は『やっぱり中止にするべきだったかな』と落ち込みもしましたが、意外にも皆さんがやる気満々でお越しいただけてとっても救われ、ずぶ濡れになって頑張った甲斐がありました(涙)

 

また悪天候の中、お手伝いに来てくれたみなさん!ありがとうございました。

おかげで、無事終えることができました。

 

そして最後になりますが、せっかくの連休、皆さんが風邪をひきませんように…。